積算関係は こちら


○5月1日の改元に伴う弊社システムの対応について

  ※ 土木工事見積積算システム ・・・ 4月のデータアップデート時に新年号に対応


  ※ 平成30年度以前のバージョンの民間用見積のみをご使用の場合 ・・・ こちらからダウンロードできます。  (2020.10.15)

           注意 新規ではインストールできません。現在ご使用の場合にのみ実行できます。
               インストール後デスクトップに新しいアイコンができますので、
               ダブルクリックして起動直後に、現在ご使用のデータ領域の設定をしてください。
               プログラム本体のみでデータ等は含まれません。
               メインメニューにて 和暦・西暦の切り替えができます。
               無償でダウンロードできますが、サポート対象外となります。



  ※ 見積作成システム(スーパー電工積算) ・・・ バージョンアップ申込書(有償)  PDF   Word      改良点等について


    2019.4.25 上記の見積作成の見積一覧の降順にて 不具合がありました。
    2019.5.16 スクロール等の軽微な不具合を修正しました。
    2019.5.27 令和1年を令和元年と印刷するように変更しました。見積一覧表印刷での不具合を修正しました。
    201910.29 消費税印字位置を微調整しました。
               修正版はこちらからインストールお願いします。
   

  ※ コンクリート熟成度管理システム ・・・  こちらからダウンロードできます。    インストール解説
       注意 : 新規にインストールする場合は ID及びパスワードが必要です。
           既に旧バージョンが稼働している場合はそのまま実行できます。

 
  ※ その他のシステムについては、個別に対応します。


○2017年6月14日より、当サイト(https://www.pal-soft.jp/)の常時SSL化を実施致しました。
 ブラウザに表示される検索結果のアドレスは
 http://www.pal-soft.jp/  から https://www.pal-soft.jp/ に変わります。
 これにより セキュリティ対策が強化されました。

  

 


○インターネットを利用した遠隔操作(リモート接続)によるサポートについて
 

インターネットを利用したリモート接続ソフト(TeamViewer)により、弊社のパソコンからお客様のパソコンを操作することができます。
ホームページより 遠隔操作インストールをダウンロードして実行することにより

デスクトップに  のアイコンができます。

起動しますと下記のような画面が出ますので、弊社に使用中のIDとパスワードを伝えていただくことにより弊社からお客様のパソコンに接続します。パスワードは起動ごとにランダムに入れ替わります。

電話等ではなかなか解決できないような場合にご利用ください。(その場合は、弊社にご連絡ください。)

インストールは下記からダウンロードしてください。
遠隔操作(リモート接続)インストール

または、下記をアドレスを右クリックくして 「対象をファイルに保存」をクリックし、 デスクトップに保存してください。
https://pal-soft.jp/TeamViewerQS_ja.exe

名 称 日 付 データ容量
コンクリート熟成度管理   新年号対応版
2019.4.15 14.3MB
コンクリート熟成度管理   旧バージョン
アップデート(プログラムのみ)

公開終了しました。

データ作成時の熟成日の印字の欄に 印字の有無の設定を設けました。
通常は印字有になっていますが、無(結果表ノミ)を選択した場合に
強度試験結果表印刷で熟成日の欄を印字せず、中間検査等の印字があった場合には
詰めて印字します。
ただし、28日目と熟成日が同日かどうかの判断は自動で判断しませんので
使用者の判断で設定してください。(H24.10.4)

反発硬度の平均値の小数点以下2桁でのまるめの設定を追加しました{切捨or四捨五入}(H23.9.14)

2018.6.19 935KB





2018.6.19
見積作成システム(スーパー電工積算)  旧バージョン

公開終了しました。

○宛先の文字数を全角20文字から30文字に拡張しました。(H27.9.18)
○見積書項目印刷において、小計設定行が1行のみの場合で経費等もない場合は、小計の次にくる計の行を印字しないようにしました。(同じ金額を2度印字してしまうため) (H22.5.27)
○消費税の端数計算に1円未満四捨五入の選択を追加しました。(H22.4.22)
○複合計算において労務費原価も入力できるようにしました。(32V版のみ対応)
ただし、複合計算を同じ行で2回以上繰り返す場合は、1回目の処理で原価に労務費が含まれていますので、労務費抜の原価に入力しなおしてから処理してください。
なお、計算時に労務費原価の入力をしなければ、今までと変わりありません。(H22.1.13)
○解像度が大きい場合での表示の不具合を改善しました。(H21.6.12)
○項目印刷で余分な文字が残る不具合について対処しました。(H20.2.10)
○宛先名を5文字追加入力できる枠を追加しました。(H19.9.19)
○見積一覧のソート順を最後に設定した並びに表示するよう変更しました。デフォルトでは番号順です。(H19.8.3)
○工事名を1段追加して、2段にしました。長い工事名の時に2段目に入力してください。1段目のみ入力した場合は今までどおりです。(H19.8.1)
○見積一覧に検索機能をつけました。提出日、見積no等でデータの絞込みができます。(H19.5.9)
○LOGOファイルにWMFを追加しました。(H19.5.9)
2017.10.31 1.24MB
2004.6.22